清水三年坂美術館へようこそ
特別展・企画展
HOME
News&Topics
美術館について
常設展
特別展・企画展
ご利用案内
施設案内
オンラインショップ
リンク


2017年2月18日(土)〜5月14日(日)
 明治時代、金工、七宝、蒔絵などの優れた美術工芸品は、開国間もない日本にとって、文化レベルの高さや国力を世界に示す重要な産業であった。こうした優れた工芸技術を、帝室の保護のもとに継承、発展させるために設けられたのが帝室技芸員制度である。
  金工分野の第一人者、加納夏雄は、明治二十三年(一八九〇)の発足と同時に帝室技芸員に選ばれ、東京美術学校彫金科の初代教授にも就き、後進の指導にあたった。その後、金工の帝室技芸員には、海野勝E、香川勝廣、塚田秀鏡といった明治を代表する彫金の名工たちが任命された。彼らは、彫金界において、江戸時代までに培われた技術にさらに磨きをかけ、人間が達することのできる最高峰といっても過言ではない技をもって、優美で洗練された作品を多く残した。当時なら技術的に同等の職人たちもいたと思われるが、その品格、風格で他を圧倒しているのが帝室技芸員の作品の特徴といえよう。
  本展では、加納夏雄、海野勝E、香川勝廣、塚田秀鏡に加え、彫金において最後の帝室技芸員を務めた清水南山の作品を展示する。
《鷺図花瓶 一対》香川勝廣
《狩猟図金香炉》塚田秀鏡
《龍虎図花瓶 一対》海野勝E
 


● 休館日
● 月・火曜日(祝日は開館)


これからの企画展スケジュール
5.20(土)〜8.13(日) 帝室技芸員の仕事〈蒔絵編〉
8.19(土)〜11.12(日) 矢立と煙草入
11.18(土)〜2.11(日) 京の刀装具


これまでの特別展・企画展の内容は、こちらでご覧いただけます。



清水三年坂美術館 〒605-0862 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目337-1 TEL:075-532-4270 FAX:075-532-4271
E-mail:info@sannenzaka-museum.co.jp
Copyright (C) 2007 by kiyomizu sannenzaka museum.All rights reserved.Unauthorized use or reproduction of screen images and texts prohibited. photo:K.yoichi
掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。すべての写真撮影は、木村羊一氏によるものです。